メインイメージ画像

デリヘル嬢として働く理由

私が大阪のデリヘルで働く理由。私は元々富山県に住んでおり。高校卒業後特にやりたい事もなくなんとなく小さな会社の事務員をやっておりました。給料は地元でいえばある程度多めにもらえており、なんの不満もなくなんとなく変わり映えのしない毎日でした。親も安心していて「後は結婚相手が見つかればいいよね」なんていうくらいでした。

彼氏が出来た事はあったのですが、私が非常にマイペースな事もあり「なんか一緒にいても面白くない」「付き合っているのかよく分からない」「何を考えているか掴めない」といって大体去って行き長続きをした事がありませんでした。まだその当時21歳で結婚を真剣に考えた事も正直なかったです。毎日同じ事務的な仕事をこなし、いつもと同じ時間に帰宅する。それで良かったのかも知れない。只、まだ若かった事もあり人生の一大決心と思い、親元を離れ私は大阪へとやってきました。

貯金もある程度貯まっていた為、仕事を探すのもあまり焦らず、じっくりと決めようと思って。初めての一人暮らしに花を咲かせました。誰もいない空間、何時にねて何時に起きてもいいという自堕落な生活が続き、少しずつ貯金がすり減って行きました。一生このままがいいと思いましたが、そうもいかず求人雑誌を食い入るように見続けました。自分がどんな仕事に向いているか、そもそも自分が何の仕事がしたいのか分からず日々が只過ぎて行きました。